脇の黒ずみは尿素で治る?

結論から言うと、脇の黒ずみは、尿素だけで解消することは困難です。

黒ずみを解消するためには、メラニンを還元化して薄くする、メラノサイトの働きを抑制する、新陳代謝を促し肌を新しく生まれ変わらせるという3つの方法があります。

しかし、尿素には保湿作用と角質溶解作用がありますが、美白効果やメラニンの働きを抑える作用はありません。新陳代謝を促す働きはあるものの、ピーリングのように強制的に新陳代謝を促す作用は期待できません。

しかし、尿素で脇の黒ずみを治すことは出来なくても、新しくできないように予防することは可能です。

では、どのように使うと最も予防効果が高いのでしょう。まず、お風呂に入る前に脇に尿素クリームを塗り、5分間放置します。

お風呂に入ったら、ボディソープで優しく体を洗い、タオルドライした後、再びクリームを塗ります。角質溶解作用が促進され、ピーリング効果が高まり、新陳代謝を促すことができます。

低刺激なので、肌に負担をかけることなく、毎日行うことができるのもメリットです。

このように、肌に刺激を与えずに黒ずみを予防できるので、脇の黒ずみが気になる人は、毎日のケアに尿素を取り入れてみてはいかがでしょう。

pic1

脇の黒ずみにはちみつが効果的?

脇の黒ずみには、はちみつが効果があるという話を聞いたことがあるけれど、本当か嘘かわからないのでチャレンジ出来ないという方もあるようです。

はちみつは食品ですし、べたべたするものなので、それを肌に塗るのに抵抗があるのもわかりますが、綺麗な肌の色に戻したいときは効果があるので実践するようにしましょう。

脇のムダ毛をカミソリで剃ると、肌の保護機能が働いてメラニン色素が作られるので、何回も繰り返していると、肌の黒ずみが目立つようになります。

黒ずみを改善したいときは、はちみつをオリーブオイルや塩などの物質と混ぜ合わせてボディスクラブを作り、脇の下に塗布してパックするようにしてください。

肌を保湿しながら、毛穴の中に詰まった汚れを除去できるので、試してみると良いでしょう。

はちみつ自体にはスクラブ効果はないですが、肌にうるおいを与えたり、抗菌作用や消炎作用があるので、スクラブによる刺激を軽減できます。

ただし敏感肌の人が頻繁に行うと肌トラブルの原因になり、かゆみや炎症に悩まされるので、やり過ぎないことが大切です。

はちみつの感触がどうしても苦手だったり、何回行っても効果がないときは、市販の黒ずみ対策用のジェルやクリームを使うようにしましょう。

pic2

脇に黒ずみができる大きな2つの理由

紫外線を受けるとできやすくなるのがシミやソバカスなどの肌の黒ずみです。これらを症状を予防するには、日焼け止めクリームの使用が効果的になってきます。

ですが、肌が黒ずんでしまうのは紫外線が当たりやすい手足や顔だけではありません。普段あまり露出する機会が少ない脇やお尻にも黒ずみはできてしまいます。

これは脇やお尻の黒ずむ理由が紫外線ではなく、大きく2つの要因が関係しているからです。まず脇の黒ずみの主な理由は、ムダ毛の処理による刺激です。

肌が黒くなる原因は、メラニン色素が多く生成されることですが、これは紫外線だけではなくムダ毛の処理時に起こる刺激でも起きてしまいます。ですので、頻繁にムダ毛の処理を行ったりアフターケアが不十分だと、肌が黒ずみやすくなるので注意しましょう。

2つ目の理由は、衣服による摩擦です。

ムダ毛の処理と同様に、衣服が肌にこすれて刺激を受けることでメラニン色素は作られてしまいます。体に優しい自然素材の衣服を選んだり、サイズのあわない締め付けのきつい下着を着用することで起きやすくなるので注意しましょう。

脇の黒ずみをケアするには、顔同様に美白成分が有効になってきます。アルブチンやビタミンC誘導体配合のクリームを、ムダ毛処理後や入浴後に使用するようにしてみましょう。

pic3

脇の黒ずみには摩擦も関係してる?

脇の黒ずみには摩擦も大いに関係しており、衣服と擦れることで皮膚に刺激を与えてメラニン色素の分泌を促してしまうことがあります。

肌が擦れて痛いと感じるようなら、衣服との摩擦があると考えてよいでしょう。この状態は肌のバリア機能が低下しており、非常に黒ずみが発生しやすくなっています。

今は問題なくとも、放置しておくと将来的に黒くなってしまう可能性があるでしょう。脇毛の処理はしっかりと行うことがエチケットですが、処理することで衣服と摩擦が生じやすくなるのも事実です。

化粧水、乳液、馬油などを使用して、脇を保湿させることが黒ずみ対策として重要となります。保湿させるとバリア機能が高まるので、摩擦に強い肌を手に入れることができます。

入浴後に保湿をすることは大切であり、これは入浴後ほど肌が乾燥しやすいタイミングはないからです。肌乾燥を防ぐためには入浴後に保湿し、早めに就寝することが大切となります。

就寝中はホルモンバランスが正常に戻っていくタイミングでもあり、肌が元気に生まれ変わる時間帯なのです。

肌のターンオーバーと言われる22時~2時までには熟睡しているのが好ましいので、この時間帯よりも早めに眠るようにしてください。

原因となる服とは?

脇の黒ずみには、身につけている服が関係しているのでしょうか?

脇は皮膚が比較的柔らかい場所ですので刺激に弱くなっています。ムダ毛処理を行う人も多いので、普段から肌に負担を掛けている部分です。そこに服との摩擦が起これば肌を守るためにメラニン色素が大量に生成されてしまい、それが黒ずみの原因になります。

つまり、服の密着度が高い場合にはとてもリスクが高くなりますので、脇の黒ずみに悩んでいるのならゆったりとした服装を心がけることが大切です。

肌への密着度だけでなく材質も重要です。サラッとした素材や汗の吸収をしっかりとしてくれる素材なら蒸れませんので摩擦が起こりにくくなりますが、乾きにくく肌触りの悪い素材の場合には摩擦が簡単に起きてしまいます。

毎日の脱いだり着たりする時だけでもかなりの負担をかけることになりますので、材質までチェックしながら選ばなければなりません。

脇の黒ずみを予防するには衣服の選び方に気をつけることで大分解決できますが、既にできているものに対しては保湿を行ったり、メラニンの還元作用を持つ化粧品でケアを行う必要があります。

また、ムダ毛処理後の肌荒れを防ぐためには、ワセリンのような肌を滑らかにする成分が有効です。

pic5

他サイトの掲載

脇の黒ずみに悩まされていて、もっともっと情報を得たいなら、他サイトを訪問してみるのも良いですね。

ということで、1つサイトを載せておきます。こちらのサイトでは黒ずみに関することがかなりたくさん書いてありますので、一度見てみても良いと思います。